from SriLanka
ナワラタナ−Prasanga jewels online−インド占星術にてあなただけのnavaratnaをお作りします。



HP作ったらアクセスアップを! アクセスアップ・SEO対策・検索エンジン登録

仏教の国の非加熱ルビー!
スリランカ産1ctは初!
ミャンマー産・タイ産も!

販売価格 346,210円(税込)
購入数
産地による価格


★開店10周年記念に仏教国三カ国が勢ぞろい!

当ショップが非加熱の宝石に着手し始めたのは、
あるお客様からの問い合わせによるものが初めてでした。
その方のおかげで、私達は本当に大昔の人が着けていたのは
これだったのね〜!だから効果がもっとあったんだーと。
ある意味、開眼させられたわけですが…何とかサファイアは
店主がスリランカ人ですから〜、四苦八苦してるうちに
ルートを何とか作ることが出来ました。

しかし、ルビーに関しては本当に難しく…
ミャンマー産が良いにきまってはいるけど、ミャンマーの
本当に非加熱のものは、とても高価で入手が難しい。
しかも、ミャンマーのルビーは内包物がかなり多く、
大きくて、内包物も見えずクリアで美しい色合いは…
仕入れ値がとても高いので、1カラットだと今は見てきれい
と思うのは55〜60万するんです。
2013年当初はまだ30〜40万台でもあったのですが、
今は産出量がほとんどなく、昔採掘して残っていたものを
皆で分け合っているような印象でしょうか。
しかも、うちで使用できるのは大きさとシェイプと、
厚み(深さ)が必要なんです。
よく仕入れにあったよーこんなんどう〜?と言われて
確かに内包物なく、クリアできれいなんですが〜
例えば縦が6个△譴仗爾気郎把3个覆韻譴个い韻泙擦鵝
が、よく大きさは大きいのに深さが2个らいしかない
すご〜く薄い石ってあるんです。
そういうものなら、確かにクリアで色味もきれいだったり
するのですが〜、アパラの石に入れるものですので、
常に身に着けているためには強度が足りません。

この条件で、シェイプだけじゃなく、強度があり、かつ
クリアで見た目も美しいもの、それを非加熱で探すとなると
本当に難しいのです〜!
しかも、、それでうちが仕入れられるようなお値段って^^;

でも、ミャンマー産ではなかなか難しいのですが〜
スリランカ産で、ちょうどのタイミングで出たとのことー!
しかも1ctUPでVSクラスで、シェイプ強度もありーとのこと。
でも、ぶっちゃけスリランカのルビーは結構今まで、
ピンクサファイアじゃん!
というのが多かったのですが〜、届いてびっくり!
全然「ピンク」ではない。確かにピンクが濃いとショッキングピンク
っぽくなりますが、そうじゃなく、深い紫のような赤いような
しかもー白熱灯下では、燃えるような色合いになり〜!

肉眼では、今回のミャンマー産の非加熱0.36ctの方が
赤みはあるのですが〜、白熱灯下ではこちらのスリランカ産の方に
軍配があがるほど、赤い。ということはかなりの力があるなと。
あ〜スリランカのアヌラーダプラという仏陀がきたとされる場所の
お寺のステューパのてっぺんには、ルビーやサファイアがいっぱい
散りばめられていると聞きましたが、そういうパワーを集める
役割を担っていたのが、こういうスリランカのルビーだったのかなと。
そんな雰囲気を感じさせられるルビーです。

そんな折に〜、お客様の非加熱ルビーを仕入れる際に
できるだけお得なところを捜索していただいて、
見つけてもらったのが、タイ産の非加熱ルビー。
タイ産のルビーやサファイアは、色合いが暗いものが多く、
めったにきれいだな〜というのが出ないのですが、
今回のは鮮やかなピンキッシュレッド!
しかも、結構輝きもきれいどころなんです。
そのお客様とのアレで2石仕入れたのでお安くできたというわけです。
しかも、産地がタイですがしっかりとした傾向性があり、
鑑別書にも、産地が記載。大きな機関ですので
産地がわかるのは、非加熱だからインクルージョンが
そのまま加熱されずに残ってるからわかるんだよーということ。
しかし、めったに記載されません。もしなんかあっては
いけないからです〜^^;
でも、こちらはしっかりタイランドと書いてあるのが
潔くて好き!しかも、お値段はタイなのでミャンマー産の半額以下!
これはお得だと思いますので是非〜!(宣伝)

そして、最後にミャンマー産のですが、こちらは日本の業者さんで
買ってあげたほうがいいのかなーというお互い、持ちつ持たれつの
共存繁栄を目指していますので、時によくこういうことも
私はするのですが、非加熱鑑別がついていない!しかも、
、 ちょっと安いので、本当にミャンマー産なの〜?と思い、
日独さんで鑑別をとってみました。
鑑別代だけで2万くらいしますので、本来はもったいないので
とらないのですが〜、やはりミャンマー産ですから。
でも、ほかのお店でしたら、日本の豪華な台紙付鑑別書を
つけると、うん10万単位で価格を上げます。

でも、これはちょっと共存の気持ちで、買ってあげたもので
お安く仕入れましたので、そのままのお値段でと思いました。
オーバルで、画像ではピンクが強いですが、肉眼では
今回の3石の中で一番赤い色合いが濃く、綺麗です。
きっとメレダイヤで巻いてあげると、立派な中石として
君臨できるような、小さな貴公子、お姫様のようですね。

ところで、私も今ルビーがほしいと思ってるんです。
ですので売れ残っても、わたしが使うわよー的に綺麗な
ところしか仕入れてません!シェイプや輝き、強度もあり!

私がほしいわけは〜、やはりルビーの表す惑星の象意が〜
太陽ですが、魂を善に向かわせてくれたり、ちょっと私も
年々ビビリになってきているので、新しいことへ挑戦するのに
なかなか踏み出せないので、そこに勇気を増強してくれたり、
体の面では、血液や目の病気、さらには長い病気からの解放。
そんな意味も太陽にはあるんです。

ちなみに私は、中学生頃から遠視がありー、やっぱり
この40手前の老眼になる前に、もう少し目を大切にできるような
力が欲しいと思い、目のためにも大きなルビーがほしいな〜と。
(でも今年は店主に作りましたので、お預けですが^^;)

あとは飽きっぽい人に熱心さや集中力をくれたり〜
昔の王族貴族はルビーをこぞってつけていたのは、
権力や覇権、国の動向を自分の希望の通りに進ませる
ことが必要だったのですが、ルビー(太陽)にはそういう力が
あるとか。
でも、今でしたらやはり個人や社会での問題を処理し、
自分の立場をきちんと守っていくことが必要です。
ですので、会社勤めをされている方でも、上司がいたり
部下がいたり、そのはざまでうまく部下を統率しつつ
成果をあげていかねばならない〜こういうことにはやはり
ルビーだと思うのですよ。

また、スリランカでは仏教国ですのでインドでは火星は
サンゴを使いますが、スリランカは生き物を大切にする精神で
火星にあたるのはルビーとしています。(太陽はピンクサファイア)
これには、同じ熱波を発する宝石ということで一理あるのですが
太陽が骨に効果がありだったら、火星は骨髄や筋肉といったように
太陽と火星はつかさどるものが似ているそうです。
でも太陽が会社の社長であれば、火星は指揮官のようで
物事を実際に推進、実行していく力を与えてくれるそうです。
この火星が凶角にあると、恋愛する人はいるけど結婚まで
踏み切っていける実行力がお互いにないとか、
結婚ができても、指揮官が強いと妥協しあいながら
(まぁ、歩みよりというか^^;)そういうところがマイナスになり
結婚生活で、お互いの意見の食い違いが頻繁に起こり、
平和で楽しい家庭がなかなか持続できなくなるのですね。
こういう火星のアパラは、家庭でも仕事場でも、プライベートな
人間関係でも出てしまうので、その結果、悩んでしまうような
状況ができてしまうわけなのですね。

この火星のアパラをうまく調和するのがスリランカではルビーです。
物事にスピード感をプラスしてくれるので、仕事が
滞りやすい人にも(私?)もよいようですね。
あとは太陽同様に、視力!というワードもあるので
私にはやはり必要なのですね〜
(次はルビーにしようと納得させている)

それとやはり、何百年前のナワラタナを見ると、、、
やはりルビーが真ん中で大きなサイズなのです。
これはやはり昔の精神的マスターがそのようにすべきと
わかっていたからだと思いますが、やはりそれくらい
太陽や火星の石であるルビーがキーになるからだと思うのです。

ですので、私はすべて非加熱はとても高くなりますが、
ルビー、もしくは濃いめのピンクサファイアかオレンジ味の感じる
パパラチアや、土星のブルーサファイアはどうしても非加熱を
おすすめしたいのですよ。
後はアレキ…ですが、アレキはグリーンの鮮やかなものでなくても
今回のサービス品のようなものでも、私にはしっかり効果が
ありましたので、無理せずそちらでも〜と思います。
今回は、本当にかなりお得なものがたくさんありますので、
どうぞご覧になって、気になるものがあればお気軽に〜


◆産地:スリランカ、ミャンマー、タイ

◆付属品:鑑別書、専用ケース


※価格は、デザインによって変わってくる部分がありますので お気軽にご相談・交渉下さいね。

こちらがスリランカ産1ctUPのルビーです!(石価格:346210円)
スリランカではルビーは枯渇しましたと言われているほどなので
今まではこのように確か2個くらいしかお売りできませんでしたが
今回は夢の1キャラUP〜!確か店主ブログのどこかにスリランカルビーが
掲載されてるはずなのですが…^^;
やはりスリランカのルビーはとっても似ている雰囲気の色合いです。


今超お勧めな新カップケーキ台座に入れてみました。
大きさは縦が7舒漫横が5个らいの理想的な1ctです。
ルビーの質を活かすのはゴールドなのでとてもしっくりきてますね。
この台座は、ミル打ちフクリン留だと石の周囲をぐるっとなので、
若干輝きが失われるのですが、立爪だと光をとりこんでキラッキラ!
その両方を兼ねそろえた、新台座をうちで製作したのです〜
ブレスレットとかには、このカップケーキセッティングがお勧めです〜


こちらがミャンマー産の非加熱ルビー。(11万円です!)
縦が4.5于が3.7个らいです。
リカットすればラウンド3.5个出来ますが、画像よりも
非常に深い赤い色合いなので、もったいなく、本当に鮮やかです。


スクエアの台座に入れてみても、とっても綺麗〜!
画像よりも、ほんとに赤いのでゴールドと赤の色合いが素敵!


ほらね、鑑別書の画像でも結構赤いでしょ〜日本の産地付の鑑別は
珍しいので、これが11万だなんてーとってもお得なのです!


さて、こちらがタイ産のルビー。大きさはミャンマーのより少し
大きい0.43ct。約5弌4个任靴辰りな大きさです。
(しかも大きいのに7万円です!!)
画像ではあまりきれいに映らなかったのですがー
ほんとタイ産の暗い感じじゃないので良いのですよ〜


カップケーキの台座に入れても、とっても綺麗〜!
(爪はあげてあるので、ピンピンはねてるようですが
実際留めるときは、爪を寝かして、先端を丸く処理しますので〜)


こちらは、スリランカのルビーと、スリランカのパパラチア。
このパパラチアがどうーーしても、綺麗に撮れないのです。
色合いは、皆さんが好まれるような、ふんわりバラ色のパパラチア〜
じゃなく、ビシっとしたパパラチア。正直ルビーのように
色合いが濃いのですーが、地色が確かにピンクで、確かにオレンジの
ような朱色なベールが、かかってまして。ほぼ、ルビーです。
0.77ctありますし、これ1石だけでルビーの役割もピンクサファイアの
役割もしてくれると思います。もう少しフェミニンにしたいので、
大粒ラウンドにリカットすると、キラキラ可愛らしくなると思います〜


昔の現存するナワラタナってこんな感じでしたよね〜
指輪としてだと、結構なモチーフですが原点回帰としては
やはり意味合いの深いものですね。惑星感がすごく感じられます。


パパラチアと色石たち。。。でも、これを拝見しますとー
やはりこれは女王様のようなので、シングルでダイヤモンドだけで
少し飾ってあげる方が素敵な気がします。


もしくは、こんな風にさわやかなアレキと合わせてみても〜!
アレキは画像では若干カラーチェンジしちゃってますが、
本物は下のような、ミントグリーンです。
ぶっちゃけ1石1万円くらいでしたので、思い切ってリカットして
ペアシェイプにして、リーフにも出来るな〜と。


この1ctアレキは、仕入れ値が46000円くらい。
46000円ってグリーンのアレキでは今3.5个靴買えません。
3.5个0.2ctくらいですが、こちらは1ctでその5倍あります。
中石としても、とってもいいかな〜と思うのと、
グリーン光線が強くないので、アレキがNGと言われた方でも
複雑なアパラを調和させる石としては良いかと思います。
サクラマニなど、何かのジュエリーをご注文の方でアレキがほしいな〜
という方でしたら、この期間だけサービスさせて頂きます!
(でも、なかなかこの色合い、見ないのですよ〜)


ちなみに製作押しなので、何度も失礼させて頂きますが、 ラウンドやオーバルでも、角石っぽく見えるという台座。


ダイヤやオーバルルビーもいけそうです。
(でももっとルビーは綺麗なんですよ〜)


台座を逆にダイヤをプラチナ色に入れて、ルビーをゴールドに
入れてみました。ブレスレットでもペンダントでも、こうすると
一粒でも結構しっかりな大きさになりそうで、夢が広がりますね。


今、きれいどころを集めて、集合写真です。
やや!こうしてみると、右上のパパラチアがパパラチアに見えますね〜
私が欲しいのはルビーの指輪、次に全て1ctくらいの大きさのブレスレット。
かなり夢のお話ですが、頑張ってたらきっとその頑張りに呼応して
素晴らしい品質なのに、なぜこのお値段?という石が
巡り合わせたように来てくれると思うのです。


確かに非加熱の宝石はとても高く、その分を募金に回せば
どれだけの人が助けられるかという意見も頂きました。
でも、この自分と関わりあうもの全てを出来る限り
力になりたいな〜支えてあげたいな〜というためには、
時に宝石のパワーが必要な方もいると思うのです。
宝石は数が限られてますし、特にこのような産地や処理
シェイプや強度まで、こだわった石というのは町のジュエリー
ショップでは出会うことができないと思います。
でも、このお店にたどり着いて下さって、とても惹かれるのは
それはこの世界でどれだけの確率で数少ない選ばれた方でしょうか。
私は、石がオーナーになられる方を見つけてくるんじゃないかと
思うことがよくあるのですが、その通りだと思います。

お寺にこもって修行をしていることだけに専念できればいいですが、
お坊さんを支えるのは在家の檀家です。
檀家もお金がなければ、食べ物のが買えず、お坊さんを
ささえていくことはできません。
ですから、この世界の全ての人が修行するようになっては
成り立たないのですね。
やはり普通の一般社会で、家事含め労働をしてお仕事をして、
利益や収入を得ていき、幸せな家庭を繁栄させていく人達が
この世界には不可欠なのですね。
そう考えますと、誰かのためも、自分が元気で頑張っていくことが
できなければ難しいですので、その為には時に宝石が必要な方も
いるのじゃないかと思うのです。

スリランカでは、お坊さんにお布施をするのと同じように
たとえ貧しくても自分に何とかしてアパラムッダを作る方も
少なくないのです。店主も自分が八方ふさがりになった時、
占星術の先生に「指輪を作ってみないか」と言われ
作ったそうです。それからスムーズに日本にくる道が出来ました。
一か月の給料が3000円くらいの時に5000〜6000円くらいかけて
作ったそうですが(安!でも、地金はペラペラで石もとても
お粗末なものでしたが)

あれから15年でしょうか。
15年前のココナッツの繊維で作るマットをつくっていた時、
空を飛ぶ飛行機をみて、自分は一生飛行機に乗れないと
思っていたそうです。

300メートルくらい離れの囲いなしの井戸で体を
洗いに行って、タオルが擦り切れてとうとう若い女性の前で
糸がバラバラになって危機ーがあったくらいだそうです^^;
そしてよく「ようこちゃんがあの時、タオルを1個でも
送ってくれてたなら助かったのに〜」と何度も言われます^^;
(もちろん知り合ってないので、露知らずでしたが)
今でもスリランカではこんな人がいるのですね。
(そう考えるとタオル1本でも支援したくなります)

そんなジャングルの中のターザンが、15年後の今
日本でネットショップもそこそこ出来て、
たくさんのお客様にプラちゃんと親しんで頂けて
日本の警視庁や
裁判所で先生と言われー、ブラックコーヒーを何度も運ばれ
甘党ですと言えず、我慢しながら飲みつつ
通訳をしているなんてー!そう考えるとやはり何か、
この宝石はパワーがあるのだと思います。
そして、昔は配給の栄養クッキーなどで、自分が助けられる
立場だったそうですが、今は毎月たくさんの団体に募金を
してあげられるようになり、自分が助ける立場になれました。
もちろん、これは店主だけの努力では全然しょぼいので(おい^^;)
アパラムッダの宝石の力と、
これをご覧下さってる皆様のおかげに違いありません。
宝石は3个任粗末でしたが、きっと効果があったのは
店主がほぼ野菜だけの生活で、
(だって冷蔵庫がなかったので肉魚は殆ど物理的に無理^^;)
瞑想なども取り組んでいたからだと思います。

きっと、悩まれてらっしゃる皆様も、もしかすると
運命が変われば10年後の自分は全く違う次元、立場の人に
なっているかもしれません。
私はこの非加熱の石たちは、大きさもありますし、
日本の方々で店主のように敬虔すぎる姿勢がなくとも
何かを変える推進力はあると思います。





店主のコーナー

日本在住17年。
店主のプラサンガです。


日本在住18年目です。
現在各県警公的機関での
通訳でも活躍中!
(アパラムッダで夢を実現!)
こちらのサイトをきっかけにスリランカやスリランカの伝統の宝石に興味を持ってくれたら本当に嬉しいです。
こちらで提供している指輪は注文が入ったら、占星術家の方にホロスコープを作ってもらう事から始めます。
現地のゆったりとした時間の流れの中で、できるだけ皆様のご希望に添えるよう努力していきたいです。

店長日記はこちら
メルマガ登録・解除
メルマガ登録・解除は
こちら


当ショップのジュエリー画像は私達で撮影していますが、 背景の南国素材の多くは写真家 広瀬睦さんの作品です。

(c)Makoto Hirose/e-photography.co.jp

html知識ゼロの管理人が、ネットショップを簡単に作れたのは、これのおかげ!!

しかも、一ヶ月875円でショップがもてるんですよ〜!すご〜くおススメです!